2014年10月16日

フィリピン  能ワークショップ

先週の7日から10日までフィリピンのダバオという都市まで能のワークショップにお邪魔しました。

前回のエストニアに続き、今回も能楽師3人での訪問。

マニラまで4時間、そこで乗り換えてダバオまで1時間半。
もっと近いと思っていましたが、結構遠かったのは意外でした。

私にとりましては初めてのフィリピン。
欧州と違う雰囲気に結構緊張もありましたが、なんと私服警官がSPとして終始同行してくれたのは心強かったです!

会場は出来たばかり、という新しいホール。

フィリピン公演1.JPG

椅子の数はなんと1200席

フィリピン公演2.JPG

舞台も橋掛かり付きの立派な舞台です!!

そんなに人が見えるの??という不安をよそに…

DSC00057.JPG

DSC00056.JPG

ご覧の盛況ぶり!!

あまりの人の多さに開演が20分遅れるほどでした!!

ここダバオでの能の公演は初めてだとか…

それにしても皆さんの「能」に対する興味は相当なものでした。

DSC00028.JPG



DSC00001.JPG

そしてレクチャーの始まり始まり。

今回の功労者、河合氏をモデルにした着付け実演。

能面の話の時の皆さんの食い入るような視線が忘れられません。

河合氏にはこのまま「菊慈童」を披露していただきました。

無事に舞い終え、本人も師匠も一安心。


DSC00050.JPG

私は映像を駆使しての「羽衣」です

初めての試みでしたが、どんな感じだったのでしょう?


DSC00059.JPG

カーテンコールでは民族衣装を着た子供たちから素敵な花をいただきました

みんな可愛かったです!


DSC00063.JPG

その後は記念撮影大会!

エンドレス?思われるほどの盛況ぶりでした!

なんでもフィリピンの方は写真が大好き、とか…納得です!




3泊4日の短い旅でしたが中身の濃い良い公演でした。

地元の方々の熱い思い、とそれに応えてくださったスタッフの真剣な努力。

また同行してくださった楽師の強力な御助力。

何よりも河合氏の能に対する真摯な協力のおかげで成り立った公演だったと思います。


本当に皆さん、ありがとうございました。



とりあえず公演のご報告はここまで!


珍しいものもいっぱい食べましたよ!!
ナマズの丸揚げ、孵化直前のアヒルの卵、ドリアン、マンゴステイン…


また時間を見つけて書かせていただきますね!!!!




posted by wakeba at 00:42| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/407193190
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。