2014年07月29日

通小町

一昨日和歌山の日前宮薪能にて「通小町」を舞わせていただきました。

日前宮.3

今回で3回目となりますが「百万」「弱法師」そして「通小町」です。

曲目だけを見ると「??」と思われるかもしれません。
私も最初は「???」でした。

しかしこれは毎回新しい演目を出してほしいという神社さんのご希望なのです。

なるほど!!39回ともなるとこのようになってくるのですね。

薪能で「通小町」。しかも能は1番。

実際、お客様はどのように感じられるのだろう?と思いながらも私なりの解釈にて勤めさせていただきました。

猛暑の中ではありましたがそんなに暑さも感じることなく勤めることが出来ました。

本番の体内温度と外気温度の差がなかったのかも???
よほど熱くなってたのでしょうね。

シテは後半からの登場で舞もあまりない曲です。
能の典型からは大きく離れている曲で稽古していてももう一つ「確固たるもの」が得られなかったのですが、本番、ワキやツレ、囃子、地謡の中での演能は自分の中ではしっかりと充実感のあるものとなりました。

DVDをみると反省しきりになるとは思いますが…

ただこの猛暑の中を本当に大勢の方が来てくださったことは本当にありがたく、嬉しかったです。

会員さんも京都、大阪、三田から来てくださいました。

みなさん、体調大丈夫ですか?

私はおかげさまで元気にしてますので安心してください!
またいろいろ感想聞かせてください。

ありがとうございました!!


posted by wakeba at 00:13| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/402776031
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。